車が3つの轟さん日記2

スズキ・バンバン200でのツーリング・旅の記録。バンバン乗り10年目。関西に住む女が書いているお出かけ情報ブログ。

【四国のおすすめツーリングコース】瓶ヶ森林道~石鎚スカイライン@高知・愛媛

time 2017/08/17

【四国のおすすめツーリングコース】瓶ヶ森林道~石鎚スカイライン@高知・愛媛

西条市のマルトモ水産で海鮮丼を食べた後は、R194で高知方面へと向かう。

山の方へと向かって走っていくわけだが、時折見える川の色。

うまくカメラで捉えることはできなかったけれど、この色を見ると、ああ、四国に帰って来たんやなぁとしみじみと感じることができる。

国道わきに何気に停めたバンバン。

このボックス&シートバッグの組み合わせで旅に出るのは初めてだが、なかなかよい面構え(ん?お尻構え?)ではないか。

「旅するバンバン」がわたしの中にあるテーマ。少しづつ自分が理想とするバンバンに近づいて行っているのがなんだかうれしい(*・ω・)。

さぁ、寒風山(かんぷうざん)トンネル方向へどんどん進もう。

sponsored link

寒風山トンネル手前から旧道へ

瓶ヶ森(かめがもり)林道へは、寒風山トンネルの両側、つまり愛媛側からでも高知側からでも行くことができる。

寒風山トンネルは全長5,000mを超える長いトンネルで、中に愛媛県と高知県の県境がある。

ここを通ると毎回寒すぎる思いをするので、今回は回避。愛媛側から瓶ヶ森林道へと進むことにする。トンネル手前の「寒風山」という青看板の通りに進めば大丈夫だ。

R194の旧道へ

1.5車線幅の道をグイグイ上がっていく。

愛媛側でも高知側でもそれほど道に変わりはないように感じる。

落石が多い、路面が荒れている、ということはそれほどないし、交通量も多くない。ヘアピンカーブはときおりあるが。

今日こそは、今日こそは、と胸が高鳴る(*・ω・)。

こんな立派な案内があれば、ここが現道のR194なのか?!と思ってしまいそうだけど

道端にあっただろうR194のおにぎり(国道標識)はことごとく撤去されていた。

旧寒風山トンネル(寒風山隧道)

愛媛側からアクセスすると、旧寒風山トンネルを通る必要がある。

旧寒風山トンネル

冬には雪も降るこのエリア。

よくまぁ、この細さのぐねぐね道を国道としてトラックが利用していたなぁと。今の寒風山トンネルができたのが1999年。20年くらい前までは愛媛と高知をつなぐ現役の道だったなんて。と思いを馳せるのも楽しいものだ。

暗いのでドキドキしながら突入。向こうが見えない怖さと言ったら(: ・`д・´)。

以前はそんなことなかったのに、トンネルの中は結構濡れていた。

瓶ヶ森林道入り口

規制についていろいろ書いてはあったけれど、結果的に普通に走ることができた。

では、行きますか(*・ω・)。

本格的なお盆休みに突入する11日からだと増えるかもしれないが、この日は交通量も少なく、バイクは1台見たのみ。

落石も少なく、快適に走ることができた。

解放感があって、ガードレールがないところが好き。

下界はあんなに気持ちよく晴れていたのに、やっぱり上がってくるとどうも雲が多くて空が白くなってしまう。今日もダメかなぁ。

いつもの定点にて

ぐぬぬ。

四国の絶景ロード

しばらく粘ってみたけれど、全面青空という景色を見るのはやはり難しそうだ。

2014年の5月に来たこの時がまだ一番晴れている感があったのかも。

初めてきたときには、曇っていても感動したのに、来るたびに「もっと」「もっと」と思ってしまう。わたしってば欲張りだ。

きっといつか快晴のUFOラインに来れると信じて・・宿題は一度に片づけない方がよいのだ。また来る理由ができてよかったじゃないかと言い聞かせる。

バンバンに跨ると同時に雲がどんどん流れてきた。

・・えっと、運がよかったのかな(笑)。

こんな風に雲が出てきてくれると、後ろ髪惹かれることなく前に進むことができる。

石鎚スカイライン方面へと進もう

少し青空が見えてきた。

標高が高いので、とても快適に走ることができる。涼しいと感じるほどだ。

石鎚山への土小屋登山口がこちらにあるのだが、思ったほど車は止まっていなかった。この時期だと、アルプス方面に行く人が多いのかな。

川の色を見ていると、ひさしぶりに面河渓(おもごけい)に行きたくなったけれど、今日の目的地は他にあるのでグッと我慢。

R494→県道12号線→県道212号線と走り、R380へ。わたしはこの後内子町を目指して走ったが、

ここから四国カルストを目指すこともできる

南下すれば、日本三大カルストのひとつ、四国カルストへ行くこともできる。

牛が放牧されていて、牧歌的な風景が広がる四国の中でもとっても好きな場所。

キャンプするもよし、ソフトクリームを食べるもよし、もみの木のチーズケーキを食べるもよし。ぼやっと景色を眺めるもよし。

四国の山のほうなので、道は狭路部分(いわゆる酷道)もそりゃあるし通行止めも考慮する必要はあるがw、そういうのがいやでなければ、個人的に瓶ヶ森林道~石鎚スカイライン~四国カルストは四国屈指のおすすめツーリングコースだと思っている(*・ω・)。

四国ツーリングのご提案ってことで(笑)。

そういや、四国カルストは相性がよくて、毎回とっても晴れているなぁ(*・ω・)。

内子町の懐かしの自販機の記事へつづく。

四国に来てね(*・ω・)。

他のライダーさんのブログはツーリングブログランキング

sponsored link

バンバン200 カスタム・整備録等

旅先より・日記

profile

kaori todoroki

kaori todoroki

生まれは四国、棲家は兵庫。好きなことは旅すること。 旅友はジムニーからバンバン200になりました。バンバンを街で見かけませんw。大好きなバンバンがもうちょっと人気がでるといいなと思いながらブログを書き、にほんブログ村のランキングに参加しました。気が向いたときに、下のバナーを押してバンバンに一票入れてもらえるとうれしいです(*・ω・)
にほんブログ村

日本全国にどれだけバンバン乗りの人がいるのかな、と現在捜索していますw。
【バンバン200のライダーさんの日本分布図】

【詳細】はわたしのプロフィールページです。 [詳細]

2017年11月
« 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

人気の記事

Web Counter

総閲覧数:

今日の閲覧数:

昨日の閲覧数:

since May 12 2016

ブログ村PVランキング



sponsored link

アーカイブ