車が3つの轟さん日記2

スズキ・バンバン200でのツーリング・旅の記録。バンバン乗り10年目。関西に住む女が書いているお出かけ情報ブログ。

【M6.6の地震でも崩れなかった!】砂の美術館2016南米編へ行ってきた@鳥取

time 2016/11/20

【M6.6の地震でも崩れなかった!】砂の美術館2016南米編へ行ってきた@鳥取

無料キャンプ場の視察の後は、鳥取砂丘・砂の美術館へ。

去年のお盆の鳥取ツーリングの際にも訪問しているのだが、砂の美術館は毎年テーマが変わるため、年を変えて行くとまた楽しめちゃう、という仕組みの施設だ。

2015年はドイツ展だった。とっても感動したので再訪した次第。

1泊2日鳥取ツーリング・2日目 砂の美術館~浦富海岸で岩牡蠣を食べる

sponsored link

砂で世界旅行 2016年・9期は南米編

今回は2016.4.16~2017.1.3まで。

1月から4月中旬まで、次のテーマの準備のため、休館となる。特にお正月休みに行こうと思われている方は注意が必要だ。

砂で世界旅行・南米編

2016年10月に鳥取地震が起こった

マグニチュード6.6、鳥取県の倉吉市あたりでは最大震度6弱という大きさの地震。兵庫に住むわたしも、仕事中長いこと揺れてとても驚いた。

「大丈夫かなぁ」といろんなことが心配になったが、心配になったことの一つの中に、この砂の美術館も含まれていた。

パソコンで調べてみると、砂の美術館のHPに、

10月21日に鳥取県で地震が発生しましたが、 砂の美術館で展示の砂像および施設への影響はございません。 22日(土)以降も通常どおり営業しております。

と記載してくれていた。ほっとした。でも、思ったのだ。

大きな地震が起きたのに、どうして砂の美術館は大丈夫だったのか?

地震が起きる前から、Yさんと11月に砂の美術館に行く約束をしていた。行ったら職員さんにきいてみようと思っていた。

1月から4月にかけて砂像を作るのですが、作品が完成してから約半年経っていて、乾いてしっかり固まっていたので崩れることはありませんでした。

にわかに信じがたいのだが、お姉さんが言うのだから間違いないのだろう。なぜ信じがたいか、というと

砂の美術館の砂像は、砂と水だけでできている

からである。

特別な砂と水と、何かで固めているのではないかと思っていた。が、違っていた。職員さんがとっても丁寧に教えて下さって、

砂像の作り方

鳥取砂丘の砂と水のみでできているのだとわかった。

1月に終わった作品は崩されて、また次の作品の際に同じ砂を使うのだそうだ。

砂像の造り方

※木枠に砂と水を流し込み、空気を抜く→転圧機で固める→木枠は約60センチの高さ。それを作品の高さに積み重ねる→水が抜けたら上から枠を抜く→作品は上から削っていく。

全体を見ながら作品を作れないから、わたしが造ると頭でっかちになったり、バランスがおかしくなりそうだ(笑)。

途中で大崩れが起きた回もあったそうで、そんなときには、違うものにデザインを変更したこともあったということだ。

南米編の作品を一部紹介しよう

作品名はかなりうろ覚えなので、わたしが勝手につけてしまったものもあるので注意w。

クスコの街並み

楽器を演奏している人に目が行きがちだが、奥の街並みが緻密。

pb171170_600

しかし、表情が豊か。

pb171172_600

光の当て具合も考えられているのがすごい。

アマゾンの動物

ワニとヒョウ(?)の柄がリアルすぎる(: ・`д・´)。

柄がすごい!

あと、前足の筋肉感。

pb171176_600

別の作品だが、蛇の模様も表現されている。

pb171149_600

コルコバードのキリスト像

ブラジル・リオデジャネイロの像。近くで見ると若干面長な感じに思えたのだが

コルコバードのキリスト像

遠くから見るとじゃーん。いい感じである。

この段階では気づいていなかったのだが

pb171154_600

本当の像のように手を広げていた。ちょっと感動した。

pb171156_600

コーヒー園の様子

個人的に今回いちばん気に入ったのがこれ。

pb171163_600

豆感ですぎ!(*・ω・)

pb171162_600

裏側も手抜きなし。

pb171165_600

リオのカーニバル

南米と言えばカーニバル。

pb171166_600

躍動感ありすぎ。

pb171167_600

え?もっと寄れと?!(: ・`д・´)

では、リクエストに応えてもう一枚w。

pb171168_600

イケイケ感が南米らしく、とってもいい感じだ。

上に上がると、作品を見下ろすこともできる

空中都市・マチュピチュ。

pb171180_600

黄金伝説の都市・エルドラド。

pb171181_600

違うところから見ると、また別の楽しみ方もできる。ドイツ展のときより立体感をさらに感じることができた。

その他

視線を感じて見たら、めっちゃ見られていたのでとってもびっくりしたw。

pb171173_600

自販機もあり一息つけるスペースや、南米のグッズや砂の美術館のオリジナルグッズも置いていた。

pb171178_600

そんなこんなで、今年も砂の美術館に感動できた。来てよかった(*・ω・)。

砂の美術館・駐車場/入場料

無料駐車場あり。バイクも隅っこに置かせてもらえる。

そんなに広い駐車場ではないのでピークシーズンには美術館の駐車場に置けない可能性大。ただ、鳥取砂丘も近いので、そちらに車を置いて歩いて行くのもよいだろう。

2016年現在、入場料大人600円。JAF割引で500円(1グループ適用OKみたいだ)。

pb171146_600

あと、ちょっと驚いた件

Yさんが発見したのだが、外にあった砂像に草が生えていた(笑)。

pb171188_600

あと、キラキラネーム感(笑)。

pb171143_600

来年のテーマは何かなぁ。今から楽しみだ(*・ω・)。

sponsored link

バンバン200 カスタム・整備録等

旅先より・日記

profile

kaori todoroki

kaori todoroki

生まれは四国、棲家は兵庫。好きなことは旅すること。 旅友はジムニーからバンバン200になりました。バンバンを街で見かけませんw。大好きなバンバンがもうちょっと人気がでるといいなと思いながらブログを書き、にほんブログ村のランキングに参加しました。気が向いたときに、下のバナーを押してバンバンに一票入れてもらえるとうれしいです(*・ω・)
にほんブログ村

日本全国にどれだけバンバン乗りの人がいるのかな、と現在捜索していますw。
【バンバン200のライダーさんの日本分布図】

【詳細】はわたしのプロフィールページです。 [詳細]

2017年11月
« 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

人気の記事

Web Counter

総閲覧数:

今日の閲覧数:

昨日の閲覧数:

since May 12 2016

ブログ村PVランキング



sponsored link

アーカイブ