車が3つの轟さん日記2

スズキ・バンバン200でのツーリング・旅の記録。バンバン乗り10年目。関西に住む女が書いているお出かけ情報ブログ。

【旅先日記】バンバン巾着にまつわるエトセトラ

time 2017/08/12

【旅先日記】バンバン巾着にまつわるエトセトラ

何十年も器用にミシンを使う仕事をしていた母に、巾着を作ったことがあるか、と訊いたところ、ない、と答えられてしまった。

まさかの答えである(*・ω・)。

母の技量からすると、巾着なんてちょちょいのちょいだと思っていたのに。

まあよい。

事前に手縫いで予習しているのだから。

生地が柔らかいので、裏地をつけたほうが丈夫に使えそうだ。

裏地用の水玉のTシャツを忘れてきてしまった。母に要らない布がないかときいてみると、様々な派手なw端切れを出してきてくれた。

轟「ほら、白やし、透けてみえるやん。紺とか黒とか、単色の布ないん?(*・ω・)」

母「そんなん面白くないやん。これは?」

母がすすめてくるのは、おばあちゃん色が強い柄の布(: ・`д・´)。いや、巾着に面白さは求めてないねんw。

小さないざこざはありつつも(笑)、わたしがたくさんの布から選んだのはグレーの布だった。

グレーの布を当てて作業していると、

母「何でそんな布使うんよ、汚いやん」

汚い、というのは、汚れているという意味ではなく、継ぎ目があって一枚の綺麗な布ではない、という意味だ。

「別にいいやん、使えるやん」

「他に布があるやん」

「裏地やし、継ぎ目があってもこれでええんよ」

また小さないざこざ(笑)がありつつ、何十年ぶりかに使うミシンで作業をすすめ、バンバンTシャツから巾着ができた。ミシン楽しいね(*・ω・)。

できたよ、と母に見せると

「普段縫い物なんかせんのに綺麗にできたやん」

20170812-210021.jpg

母はバンバン巾着の裏地のグレーの布を触って言った。

「あれ、これ、かおりのあれ切った生地やね」

「スカートやろ?」

口には出して言わなかったが、わたしは生地を触った瞬間、わかったのだ。

大学生になったときに、母がパート代で買ってくれた上等のスーツ。わたしにとって初めてのスーツだった。

買ってくれたときはロングスカートだったのだ。歳を重ねて、膝丈に切ってもらった。その布だったのだ。

まさか、その布が何十年も残っていて、バンバンTシャツとともに巾着に生まれかわるなんて(笑)。

20170812-204447.jpg

だからグレーの生地を選んだんだよ(*・ω・)。

他のライダーさんのブログはツーリングブログランキング

sponsored link

profile

kaori todoroki

kaori todoroki

生まれは四国、棲家は兵庫。好きなことは旅すること。 旅友はジムニーからバンバン200になりました。バンバンを街で見かけませんw。大好きなバンバンがもうちょっと人気がでるといいなと思いながらブログを書き、にほんブログ村のランキングに参加しました。気が向いたときに、下のバナーを押してバンバンに一票入れてもらえるとうれしいです(*・ω・)
にほんブログ村

日本全国にどれだけバンバン乗りの人がいるのかな、と現在捜索していますw。
【バンバン200のライダーさんの日本分布図】

【詳細】はわたしのプロフィールページです。 [詳細]

2017年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

人気の記事

Web Counter

総閲覧数:

今日の閲覧数:

昨日の閲覧数:

since May 12 2016

ブログ村PVランキング



sponsored link

アーカイブ