車が3つの轟さん日記2

スズキ・バンバン200とのツーリングの記録。関西に住む女が綴るお出かけ情報ブログ。ときどき欅坂46。

【欅坂46・3RDアニラ】ライブビューイングに一人で参加してみた話

calendar

reload

【欅坂46・3RDアニラ】ライブビューイングに一人で参加してみた話

2016年4月6日にデビューをした欅坂46。

その3rdアニバーサリーライブが大阪フェスティバルホールで4/4.5.6の3日間あり、千秋楽の4/6(土)は全国の映画館でライブビューイングが開催された。

ライブビューイングだなんてオシャンティな言葉を聞いたことがなかったわたしだったが、スクリーン越しに同じ時間にライブを楽しめる、ということで理解をした。

って!行きたいに決まっとるやん!!

本当は4/6(土)も現地に行きたかったので、最後までチケットトレードの抽選に当たらないかと期待をしていたものの、そうはうまくいかない。予定通りライブビューイング参加をすることにした(もちろん一人でw)。

そんなわけで今回は幸運にも

で楽しむことができた。わたしの備忘録で、今回はライブビューイングの話。

スポンサーリンク

ライブビューイング(LV)のチケットを購入した

eチケットプラスで先行申し込みがあったのが3月の中旬。

・・・なのだが、今回のライブのチケットは、

  • ①ファンクラブ先行(抽選)→②オフィシャル先行(抽選)→③ローチケ先行(抽選)→④一般発売(先着)

と3月下旬まで続いた。ライブビューイングの当落結果がわかったのが4/2(だったかな?)、発券は前日の4/5から可能だった。

4/6(土)のライブチケットとライブビューイングのチケットが同時に当たった方はどう対応したのかなぁ?と。転売防止対策だとは思うけど、結構いろんなことがギリギリなのだなぁと思った次第。

2日目のライブの帰りにセブンイレブンで発券。このときにどこの席なのかが分かった。会場の真ん中あたりだった。

兵庫県は神戸×2、尼崎、西宮と全部で4会場だった。我が家からは断然、神戸のOSシネマズミント神戸がよかったので、第一希望が通って本当に助かった。

いざ、ミント神戸へGO!どきどきのLV!

一旦は全会場完売御礼と発表されたのだが、どうやら払い忘れの方の分を一般発売で放出し忘れていた模様w。当日券売機でチェックしてみると、確かにどちらのスクリーンにもわずかながら空席があるのを確認できた。

しかし、みんなライブビューイングに来た人たちなのか?

OSシネマズミント神戸には30分前に到着。

※グッズ販売はない。

確かに人は多いような気がしないでもないけれども・・

ヲタっぽい人もおらず。ペンライトやタオルなど、グッズを持っている人もおらず。特に欅坂46のライブビューイングやりますよ!的な案内もなく。

ほ、ほ、ほんとうに場所、ここで合ってるよね・・(ゴクリ)

とちょっとソワソワしてしまった。

アナウンスが始まったので、安心して入場

真ん中のあたりの席なので早めに中に入ることにした。

スクリーン入口にやっとこんなものを見つけた。

ここまでの流れから、バッグに忍ばせてきたグッズの出番はないのだろうと思っていたけれど、人が増えるにつれ、ペンライトがあちらこちらで緑色に光り始めて、

あ、出しても大丈夫かもw

という謎の安心感に包まれた(^ω^)。

ちなみにわたしの周りの人たちだが

女ソロ・男2・私・女ソロ・男2

という、女性一人参戦多め!という展開だった。わたしの隣の女の子は静かに見るタイプの子だったので何の交流もできなかったけど、隣の男性2人組がにぎやかな人なので安心して声を出せたw。

ライブビューイングってどうやって見るの?立つ?座る?

参加するまですごく謎だったのがこの点で、調べても

  • 立つ・コールなど、ライブビューイング会場の雰囲気による(都市部ほどにぎやか?)
  • 後ろの人に迷惑だから座って見るべき
  • 迷惑にならない程度でペンライトはOK

などなど。

始まる前の案内ではてっきり「座って見るように」との案内があるのかと思いきや「立って見ることが可能」と放送され、座って見てくださいとは一言も流れなかったように思ったので、その点がとても意外だった。

結局会場によるライブビューイングだが、わたしたちの会場は、

みんな座って見ていた・ペンライトを使っている人は3-4割くらい?、コールはぼちぼち

という感じだった(あくまで個人的な感想)。

大阪アニラ・3日目セットリスト

  1. Overture
  2. サイレントマジョリティ
  3. 世界には愛しかない
  4. 二人セゾン
  5. 音楽室に片想い
  6. 僕たちの戦争
  7. 渋谷川(ゆいぽんソロ)
  8. Nobody
  9. 手を繋いで帰ろうか
  10. 制服と太陽
  11. 誰のことを一番愛してる?(欅坂46ver.)
  12. 東京タワーはどこから見える?
  13. 結局、じゃあねしか言えない
  14. ごめんねクリスマス
  15. ヒールの高さ
  16. 100年待てば(ねるソロ、全員ダンス)
  17. アンビバレント
  18. 風に吹かれても

EN.シンクロニシティ(欅坂46ver.)&危なっかしい計画

WEN.W-KEYAKIZAKAの詩

で、結局ライブビューイングは楽しかったのか?

と訊かれると、

めっちゃ楽しかったぁぁぁ!!

の一言に尽きる(^ω^)。

会場のお客さんの声もちゃんと聞こえてくるので一緒にコールできるし、していても別に恥ずかしくもないしw、隣のお兄さんもガッツリしていたので楽しかったww。

わたしは映画館で映画を見るときは、真ん中~後ろあたりの端っこにしか座らない派なのだが、一人でライブビューイングに参戦するなら人と人の間が楽しいな、と感じた。これを感じたのはかなり自分でも意外だった。

スクリーンに映し出されるのはもちろんカメラワーク次第なので、一人にスポットが当たると全体は見えなくなるのだが、表情が細かく分かって、昨日のライブの余韻がよみがえってきたしすごくよかった。

  • ゆっかーの髪型がストレートに戻っていた。
  • 東京タワーのふーちゃんがやっぱりかっこよかった。
  • てっちゃんのおでこが徐々によく見えるようになっていってた。終盤ほっぺたがポッと赤くなるのはやっぱり(笑)。
  • 100年待てばのわちゃわちゃ感最高。パーカーの下は次の曲に備えてカッターシャツ?
  • シンクロニシティでの、「だから一人では一人では負けそうな 突然やってくる悲しみさえ 一緒に泣く誰かがいて 乗り越えられるんだ」の部分だったと思うけど、ちょうどてっちゃんがアップになっていて、わたしの見間違えでなければ、それこそ涙がこぼれそうな顔をしていて、彼女が背負ってくれているものを思うとわたしも涙目。
  • 最後、MCでねるがほっぺたをツンツンしつつ必死で涙を堪えながら話をしていたところ。危なっかしい計画で涙を堪えることができなかったところは涙腺崩壊。
  • 終始もんちゃんの表情がよくて安心。
  • てっちゃんがペンライトをかちゃかちゃしているのがかわいすぎた。

結局セットリストは変更なく、3日目もWアンコールでW-KEYAKIZAKAの詩があり、ねるが少しお話をしたくらい。何か重大発表があったわけでもなかった。

お客さんからメンバーへの(ちょっと微妙だったかもしれないw)サプライズ演出にわたしも参加したかったなぁ、と。やっぱり最終日はなおいいね(^ω^)。

そんなわけで、武道館アニラでは、

葵ちゃんのサプライズ登場があるのか?ねるが最後のライブになるのか?今年の欅共和国、2ndアルバム発売、DVD・ブルーレイの発売、全国ツアーなど何かしらの発表があるのか?

なぁ・・。

みんなが笑っているとわたしもうれしくて、またライブがあったら行きたいなって思った。とりあえず5月の武道館はファンクラブ・オフィシャル先行と2連敗中なのでローチケに賭ける!(^ω^)

北海道でライブをやってくれたら、ツーリングがてら行けるのに(^ω^)。

この記事をシェアする