車が3つの轟さん日記2

スズキ・バンバン200とのツーリングの記録。関西に住む女が綴るお出かけ情報ブログ。ときどき欅坂46。

【記憶を辿る旅】ドライブイン春来はボリューム満点のお店だった!@兵庫県香美町

calendar

少し前、こんな記事を書いた。

(よろしければ、こちらの記事を先に読んで頂けると話がつながるかと(^ω^))

わたしの初めての原付での冒険(ロングツーリング)の回顧録。

この記事の最後に

「春来さんには今でもまだ焼うどん定食があるのだろうか」「確かめにいかなきゃ」「雪が降る前に」

と書いたので、行く行く詐欺にならないよう、今年のうちに行くことに決めた(^ω^)。

スポンサーリンク

で、「ドライブイン春来」さんにランチを食べに行ってきたよ!

位置は兵庫県北部・香美(かみ)町のココである。

わたしは兵庫県の南部エリアに住んでいるので、同じ兵庫県内といえどもなかなかの距離がある。

もう11月の下旬だというのに、前日なんて会社ではエアコンをかけるか?とみんなと話したくらい暑かった。

しかし、この日は気温が上がらず終日7-11度。直前まで氷ノ山付近の国道482号線を走って頬はキンキン。標高も高いところなので、雪が降っているかと思ったほど。

実は春来さんへ行く前に、コインスナックふじさんの懐かしの自販機でうどんをむ。とわたしそれぞれ1杯食べて温まっちゃったりしているw。

位置関係までしっかり調べていなかったので、まさかこの2つがこんなに近いとは思わなかった(2キロちょっとの距離)。

いざ、春来さんに入店!

お店は国道9号線沿いにある。外観的にはお世辞にも綺麗とは言えないかもしれない。周りに何もないので見つけやすいと思う(笑)。

ちょうどお昼どきの時間。満車状態ではないが、次々と車がやってきていたので、知る人ぞ知る人気のお店のようだ(^ω^)。

入店した途端、どこの席に座ったのか記憶が蘇ってきた!が、コロナ禍の今、できるだけ先にお食事されている方より遠い席の方がいいかと思い端っこの席を選んだ。

そうそう、メニューが独特で、ソフトなビニールケースに入れられてたっけ!(笑)

さてと。あるかな。どれどれ・・・!

わは!焼うどん定食、あったー!٩( ‘ω’ )و

ボリュームありと書いてある「中華定食1,000円」(からあげ、揚げギョーザ、ラーメンのセットらしい)にちっとも心揺らいでなんかいないし、あまり見かけない「卵焼き定食」や「目玉焼き定食」も気になりすぎてなんかないし、つい何分か前に懐かしの自販機でうどんを食べているけれど、うどん被りになったっていい。

そりゃ、ここまで来たら焼うどん定食一択でしょうよ!(強がり)

で、やってきた懐かしの焼うどん定食

どんっ!!

でも・・

さすがに食べきる自信がなかったので、注文時にご飯少なめでお願いした次第(笑)。焼うどんとご飯くらいかなと思いきや、お味噌汁も小鉢もついている(^ω^)。

む。はとんかつ定食を注文したのだが

これまたボリューム満点٩( ‘ω’ )و

一切れもらったのだが、今まで食べてきたとんかつと何か違う!む。もすっかり気に入ったようで「ここにまた来たら、またとんかつ定食にする!」というくらい。

うまく説明できないのだけど、普通のとんかつの肉ではなくて「ブロックの塊を切り落として揚げちゃいました~!わはは~!」というような(意味不明)、ちょっとワイルドな感じがとてもよかった。「肉を重ねている」感じもしたし・・・食べ応えよし◎。

いや、あの、普通の定食でボリューム満点なら、ボリューム満点とお店の方が書いてある中華定食は一体どんなものなのだろうか・・(やっぱり気になる)。

焼うどんにたっぷり青のりがかかっていたのは覚えていたけれど、一口食べても「ああ、この味この味~!!」「コレコレ~!!」と蘇ってくることは残念ながらなかった。そんな自分にひどくがっかりした。

さっぱり目のソースが絡んだ野菜たっぷりの焼うどんを頬張りながら、あの寒い日、朝からここぞとばかりにカロリー摂取をしたんだなぁと。あのときの自分を思ったりした。

お店の方に、「ここの外観はどれくらい変わってないですか?」とお伺いしてみると、10年20年どころか、(おそらく)建てられた当初から42~3年変わっていないとのことだった。

店内にはテーブル席と座敷があり、漫画も多数置かれていた。昔ながらの「喫茶店」といった感じだ。

「昔、たまたま旅先で訪れた食事処に行って焼うどん定食を食べる」

ただ、それだけのことなのに、思いのほか胸がいっぱいになるまでいろんな感情が押し寄せてきて、何とも言えない熱い気持ちになったのはわたしがすっかり歳を重ねてしまったせいなのかもしれない。

同じ11月。あの頃は防寒着すらもっていなかったけど

今はそんなにたくさん着込まなくてもあたたかいジャケットを持っているし、下はカッパを重ね着して防寒するという知恵もついた。バイクにはハンドルカバーもグリップヒーターもつけてある程度快適にツーリングできる大人になった。1台だったバイクは2台になった。

胸がいっぱいになってしまった想い。自分の昔の思い出なんて言うつもりなんてなかったのに、バイクで走りながらインカム越しにむ。に吐き出してしまった。

このときの抱えきれなかった想いはちっとも悪い事なんかじゃないけど、何かあったら話をきいてくれる家族がいる(^ω^)。

いつか、枚方市(大阪)から出発して同じようなルートを辿ってみたいな。

この国道9号線は今まで何度も何度も通っているのに、どうして今年突然記憶が蘇ってきたのか謎である。人間っておもしろいね(笑)。

【追記】ずっとずっと「しゅんらい」だと思っていたお店の名前はおそらく「はるき」だ。このエリアの地名が「春来」と書いて「はるき」と読むので。和休さん、教えて頂きありがとうございます٩( ‘ω’ )و。