車が3つの轟さん日記2

スズキ・バンバン200とのツーリングの記録。関西に住む女が綴るお出かけ情報ブログ。

阪九フェリーでバイクだけを送る手続きについて【バイクの無人輸送】

calendar

reload

阪九フェリーでバイクだけを送る手続きについて【バイクの無人輸送】

さて、9月の頭にネコタビさんのバンバンをお預かりして早2ヵ月以上経過。

短期結成したバンバントリオもいよいよ解散のときが来た・・!

10月下旬に山口に戻られたネコタビさんが、バイクを兵庫の我が家まで取りに来ることになったのが先日の話。

ネコタビさんが関西まで来て、わたしがお迎えに行って、我が家にきてもらい、神戸港まで走ってフェリーで福岡まで移動、山口へ帰る・・

こんな動きになるのかな?と考えていたのだが、ハッと気が付いたのが2日前の夕ご飯を作っていたときである。

どうして気づかなかったのか!

兵庫から山口まで自走するならともかく、フェリーに乗って帰るくらいならば、無人輸送でええやん!

  1. 兵庫の自宅からわたしがネコタビさんのバンバンに乗って神戸港まで移動
  2. バイクだけ阪九フェリーに乗せる
  3. 山口から福岡の新門司港まで行ってもらいバンバンを受け取ってもらう

そうすれば予定していた費用より、随分抑えられるはずである。

スポンサーリンク

そんなわけで阪九フェリーに問い合わせてみた

  • 阪九フェリーのHP:こちらのページを

電話でお話をきいて、以下のことがわかった。

  • 予約は空いていれば当日でもOK。
  • 無人輸送の予約は電話で。
  • 自分で積み込む場合、出港1時間前には到着とのこと。
  • ちゃんと動くバイクであれば、係の方に積み込みをお願いすることもできる(HPの下の方に書いてあるのだが、例えば神戸港積み込みの場合、570円でお願いできる)。
  • 積み込みをお願いする場合は、早めに持って行っても構わない(20時出港の日でも、お昼過ぎに持って行っても大丈夫と言ってもらえた)。
  • バイクの鍵は係の方が預かってくれる。

そんなわけで、無人輸送をする運びとなった。

む。に先導してもらい、六甲アイランドの神戸港・阪九フェリー乗り場へバンバンとともに移動(なぜか勘違いしたむ。に宮崎カーフェリーの神戸港に連れていかれたというハプニングはあったがw)。

神戸港でバイク無人輸送の手続きをする

九州に行く際は、圧倒的にお世話になっている阪九フェリー。

今日はわたしはフェリーには乗らない。しかし、フェリーターミナルはいつ来てもワクワクする(^ω^)。

バイク置き場に停めて、建物内へ手続きをしに。乗船名簿にバイクの箇所だけ書けばよいのかしら?と思ったのだが、受付の場所自体、違うことがわかった。

いつもの受付の左側に「無人車受付カウンター」がある。

中に入ると音が鳴って、奥から受付の方が出てきてくれる。ここに専用の用紙があるので、住所・氏名・電話番号・バイクのナンバーや排気量など基本的な情報を記入。

今回の場合、新門司港ではネコタビさんが自分でバイクを下すということで、

  • 神戸で積み込みお願い+バイクの無人輸送(750㏄未満)で、570円+4,880円=5,450円

だった。積み込み料は現金のみ、バイクの輸送費はカードで支払い可能。

バイクを指定の場所へ移動

赤い橋の下まで移動をお願いします、ということだったので、そちらへ移動。

ここで無人車の札をかけてもらうバンバン。

鍵は係の方に預けた。

オイル漏れの箇所を直したりしてから、50キロ以上走ったのは初めてなのであちこち漏れてないかなどチェックしてこれにて完了。

バンバン、山口に帰っても元気でね٩( ‘ω’ )و

バイクの無人輸送はどうして思いついたのか?

去年の北海道ツーリングで台風のおかげで3日フェリーが欠航して足止めにあったのだ。

その際、1日でも早く帰れる方法はないのか、とバイクの無人輸送のことを問い合わせたのを思い出したのである。

何事も経験だw。

ちなみに新日本海フェリーでは、バイクの積み込み・降ろしはしてもらえないため、自分で行う必要がある。なので、500円ちょっとでしてもらえるサービスが阪九フェリーであることにとても驚いた。

翌日、無事に新門司港でバンバンを受け取られたようで本当にほっとした(^ω^)。

万が一、受け取りに間に合わない場合は降ろしてもらえるそうで、その際は後ほど料金を支払ってもOKのようである。

なお、バッテリー上がり、事故車、特殊な操作方法など、注意事項は申告してください、とのこと。

あまり利用する方もいないかもしれないが、こういう方法もあるということで(^ω^)。

バンバン200・メンテナンスの話

たくさんの方にお世話になったので、ご報告とわたしの備忘録もかねて書いておこうと思う。

ネコタビさんのバンバンをお預かりして、北海道から戻って来たのが9月上旬の話。

お休みの日に洗車をしていると、おや?!(: ・`д・´)と気になる点が・・雨の中も走ったし、泥んこになった汚れなのだと思っていたエンジン周り、足回りがやけに油っぽいような?

パーツクリーナーで拭きとってみると、数分アイドリングしただけでオイルが漏れてきた・・汚れでふさがっていたのか。

足回りをのぞき込んでみると、むむ?!(: ・`д・´)

パーツクリーナーを1本使う勢いでこびりついたオイル汚れを除去作業。これは一体いつからの汚れなのだろうか・・

ふぅ、ちょっとはマシになったか。

スプロケカバーの辺りもきっと、と思い外して清掃。

・・思い当たるフシがあったので、オイル交換時にどれだけの量のオイルが排出されるのか量ってみることにした。

FIのバンバンはオイル量950ml。抜いてもきれいには抜けないので、850ml前後なのだろうと思ったけど、

ぬおっ!!!

途中でこぼしたにもかかわらず500ml×2+画像の230ml。こぼして1,230ml抜けたということは1,400ml‐1,500mlくらい入っていたのかな。どんだけww。

実は北海道に引き取りに行って乗り始める前にオイルの量をチェックしたのだが、アッパーレベルを超えていたので、かなり多めに入っているなとは思っていたのだ。でもまさかこんなに入っていたとは。

多い分、きっとここから出て、それで足回りが汚れていたのだろう・・ネコタビさん曰く、北海道に行く前に地元のバイク屋さんでオイル交換をしてもらったとのことだが。

わたしも経験があるのだけど、「バンバンはオイルが減りやすいから」と言って多めに入れるバイク屋さんが実際に存在するのだ。わたしは850mlのところ1,500ml入れられた(しかも指摘しても抜いてくれなかった)。

・・・なので、やっぱりオイルの量くらいは自分でチェックできた方がよいと個人的に思う。

ならば、エアフィルターもきっと汚れているのだろうと洗浄したら

オイルのせいもあるのだろうが、見たことのない黒汁が出た(爽快)。

乾燥させてさっぱり。オイルを少量つけて戻した。

アイドリングして一晩経つと、ここからオイルがおもらししてしまう案件が発生。

いろんなところをチェックしたり、きれいに拭いてもみたのだが、ここが出所っぽい。

内部のどこかに溜まっていたものが排出されているのかな、と様子を見ていたけれども、最終的には、少量でおさまってくれたので、オイルがついていたらふき取ってください、とお願い。

問題はここである。

わたしのバンバンも同じ箇所からオイル漏れをしたことがあって、バイク屋さんで直してもらった。

その際、他の箇所と一緒にメンテナンスしてもらったし、明細をもらっていなかったので、電話で問い合わせをしても、なぜかいくらかかるか教えてもらえず、モンモンとしていたところ、じんさんからアドバイス。

自分のバンバンでもやったことない箇所なので、かなりドキドキしたのだが、勇気をもらって交換を決意(^ω^)。

パッキンを注文して交換しようとしたところ、

まさかのキャップ割れ(気が滅入るw)。変な周り方すると思ったから脇汗かいたけど、案の定だった。

新しいキャップを注文して交換。

本当にツイッターにいる多くのバイク先生のおかげだ(^ω^)。本当にアドバイスをたくさんいただき、ありがとうございました(ネコタビさんも感謝されていると思います)。

年にひとつは何かバンバンの作業で新しいことを覚えたいなと思っているのだけど、今年はインスペクションキャップとOリングの交換を覚えることができた。

使う工具はエンジンオイルのドレンボルトを緩めるときと同じ17mmのメガネレンチだけで大丈夫だ。

場所的に我が家のトルクレンチが入らない箇所だったのと、マニュアルにもトルクが書いていなかったので、強すぎず緩すぎずな感じで締めた。

特にエンジン周りは腰が引けてしまうのだけど、本当によかった。

インスペクションキャップは割れた部分もきれいに取り除けたが、万が一のことを考えてオイルフィルター・オイル交換をしておいた。

部品注文する際に送料無料になるよう、結局エアフィルターを注文(洗浄はしたけれど、10年選手でスポンジがボロボロだったので・・)。バッテリーバンドもゴム製品のためひび割れていたので交換。

タイヤ、バッテリー、リアの割れている箇所、リアブレーキを踏んだときの違和感など、わたしなりに気になる点をお伝えしておいた。

バンバンという同じ名前のバイクでも

  • 緑:初代キャブバンバン
  • 茶:初代FIバンバン
  • 黒:バンバン最終モデル

と、それぞれ全く乗り心地が違うとわかったことはとても興味深かった(^ω^)。

そしてわたしの緑のバンバンはとてもガヤっていることがわかった(笑)。でも好きやけどね(^ω^)。