車が3つの轟さん日記2

スズキ・バンバン200とのツーリングの記録。関西に住む女が綴るお出かけ情報ブログ。

【北海道で一人回転寿司に迷うな!】やっぱりトリトンが好き(^ω^)【2018-2ND-5】

calendar

reload

【北海道で一人回転寿司に迷うな!】やっぱりトリトンが好き(^ω^)【2018-2ND-5】

2018.8.31(金)晴れのち雨 北海道ツーリング2日目つづき 天塩→北見

R239から道道293号線へ。剣淵町の西岡ダムへ向かう。

交通量は皆無。とても静かな道だった。

季節はもう先に進んでいるのだろうけれども、6月より少し緑が濃く見えて、北海道の人が口を揃えて「今年の夏は特に短かった」という貴重な夏の名残を少しだけ感じることができているような気がした。

6月は道端に花が咲いていて白いなと感じることが多かったけど、この季節はまた色が違うんだね(^ω^)。

うだるような暑さの関西に比べて湿度が低く快適。秋の季語である「さわやか」という表現がぴったりだ。

前の記事では、ダムカード巡りをしていると、「効率のよいルートを選びがち」と書いたけれども、違う表現をすれば「自分が走るつもりのなかった道を選択できる」とも言えるわけで、西岡ダムまで、とてもわたし好みの道を発見できることができた。

スポンサーリンク

記念ダムカード2枚目:西岡ダム

西岡ダムは初めての訪問だ。

てっきりダムにある管理事務所で頂けると記憶していたのだが、勘違いしていた。

士別市内の上川総合振興局旭川建設管理部・士別出張所に行かなければならなかったのだ。へたこいた。

今日走ってきたルートからすると、士別出張所にダムカードをもらってから西岡ダムに来た方が効率がよかったのだ。あほやなぁと思いながら、西岡ダムから15キロほど走り、士別出張所へ。

そこへ向かう途中、面白い道道標識を発見したのだ。

温根別ビバカルウシ線[北海道道984号線]

道道番号が書いていないヘキサゴンなんて初めて見た。レアな標識だと思いたい(^ω^)。西岡ダム→R40へ向かう道で2枚発見できた。

士別出張所で西岡ダムカードを無事ゲット٩( ‘ω’ )و

ダムカードを集めていて、初めてこういう案内に遭遇した(12-13時に訪問してしまうときには、お昼どきに訪問してしまった失礼をお詫びするようにはしているが)。

13時を過ぎていてよかった。効率よく来ていたら12-13時の間に到着していたはずなので、順番を間違えてちょうどよかったのかもしれない(効率とは?、笑)。

基本的には、今年は北海道150年の記念ダムカードを配布するようなので、青色の通常ダムカードも欲しい場合にはちゃんとお伝えした方がよいことがわかった。

さて、来た道を戻りつつR40を南下しよう。西岡ダムで思ったより時間を費やしたので、予定していた愛別町の愛別ダム(カード)は今回スルーすることに決めた。

剣淵町の絵本の館でマンホールカードゲット

通りがかりに寄れそうだったので絵本の館に行ってみることにした。

絵本の館のエントランスにもカラーのマンホールの蓋が飾られていた。かわいい(^ω^)。

スタッフの方にお伺いするとマンホールの場所を書いた地図をくださった。絵本の館からほど近いところにマンホールの蓋があるとのこと。わかりやすい場所にあるのは助かる。

ちょうど交差点のところにあるので撮影しやすい。

とりあえず4種類もカラーのマンホールの蓋があって驚いた(^ω^)。

R39・石北峠(せきほくとうげ)を越えて、北見市へ

今日は北見方面まで走るのだが、午後からお天気は下り坂だ。

西岡ダムで暑くて脱いだ雨具を再び装着し、比布北ICから上川方面まで無料開放された自動車専用道路でブブンと移動。

路面は結構濡れていたけれど、幸い雨に当たることもなく石北峠でもまずまずのお天気。

そう言われてみれば、石北峠はいつもスルーしてばかりだったので、足を止めたのは初めてだ。じっくり写真を撮っておこう。

標高1,050mの石北峠で気温は17℃。

数字ほど寒さは感じなかった。北見まであと69キロだ。

1時間半もあれば余裕で北見の宿に到着できる!と思っていたのに、この後はなかなかまあまあの雨に打たれてしまった(^ω^)。ダムカードの収集(今日の日中のメイン活動)が終わった後で本当によかった。

ただ、雨で濡れてしまったのと、思いのほか雨脚が弱まらなかったので食事の予定が少し変わってしまった。

(軽く)トリトンで一人くるくる寿司→Shigaでワッフル→北見の街で一人焼肉٩( ‘ω’ )و

だったのだが、

「がっつりトリトン」(回転寿司)に予定変更

雨で湿気ている自分と濡れているカッパも気になったが、お店の軒先で脱皮させてもらい、タオルを持って入店。

17時過ぎの時間だったが、金曜日の夜なのでいかがなものかと思ったが、一人だったので待っている方々より先にカウンター席に案内してもらうことができた。一人回転寿司最強!(^ω^)

興奮してブレるw。

これこれ、わたしの大好物のホッキの貝ひも٩( ‘ω’ )و

これを食べるためにトリトンに来たんやで(^ω^)。3皿分注文(すでに食べてしまった写真w)。

トリトンはネタが大きくてとにかく新鮮でおいしい。いつ来ても満足できる。最高やで。

100円の回転寿司ではないので、お皿の色によって値段が違う。お会計するのが大変だなぁと思っていたら、機械でお皿をナデっ!としただけで、計算できるのだと教えてもらった。お忙しい時間帯だろうに、気さくに話してくれて、旅の安全を願ってくれた店員さんに感謝だ。

雨の日でもトリトンはタオルを持って利用させてもらおう(^ω^)。

濡れた不快なカッパを再び装着して、宿まであと数キロ。すっかり辺りは暗くなってしまったけれど、街中なので周辺は明るくて助かった。

北見市のドーミーイン北見にチェックイン

北見市には宿泊したことがなかったのと、北海道のドーミーイングループのホテルに泊まってみたかったので今回常呂川温泉・ドーミーイン北見を利用した次第なのだが、

  1. (利用しなかったけれど)平日夜は数量限定で無料の夕食あり
  2. 無料で夜食のそばを食べることができる
  3. 朝食バイキングゥつき
  4. 屋根付きの場所にバイクを止めることができる(駐車料金は無料)
  5. 大浴場の温泉あり

で、4,500円くらいのプランを運よく発見できた(^ω^)。

とりあえず、屋根付き駐車場がとにかくありがたかった。

駐輪場というよりは、駐車場の隅に停めさせてもらう感じだ。雨が降っていたので荷物の整理時など、とても助かった。

部屋はバスタブはなくて、シャワーブースのみというあまり見かけない造りだった。

大浴場を利用するのでどちらでもよいのだが(^ω^)。

あまりお天気がよくないだろうということ。ホテルならコインランドリーがあるだろうと、濡れたものをまとめて洗濯したいのもあってここに来たわけだが、

  • 女性大浴場の脱衣所のところに洗濯機・乾燥機があったこと(浴場を出たところにも別にランドリー室があるので男性はそちらを利用していた)
  • 洗濯機は洗剤も含め無料で利用できたこと(以前は鍵がしてあったようで?スタッフの方に確認したのだが、使ってOKとのことだった)
  • 乾燥機は20分100円だったか?それくらいだったと思うけれど、ガス式なのか?乾きが速かった

という超超超ありがたいランドリー環境だった。これがいちばんうれしかったかも(^ω^)。

21:30-23:00まではレストランで夜鳴きそばサービスがあったので頂き、満足して就寝。濡れたものが乾いたから、明日もさっぱりした気分で出発できる(^ω^)。

そうだ!

今日、R39にある道の駅・おんねゆ温泉に行ってみたのだけど、残念ながらロコ・ソラーレのサイン入りの赤いカーリングストーンは見当たらなかった。

このようなツイートをされていた方がいたのだ。

とても建物の多い道の駅で、どこに置いてあるかわからなかったのでスタッフさんに訊いてみたのだけど、「あるとしたら、あの建物にあるはずですよ」というような説明だったのだが・・

もしも、どなたか行方を知っていたら教えてください(^ω^)。

くもり→雨予報だったのに、最後以外ほぼ晴れてくれていたのがラッキーだったぜ٩( ‘ω’ )و

北海道ツーリング2018-2ND 記事一覧