車が3つの轟さん日記2

スズキ・バンバン200とのツーリングの記録。関西に住む女が綴るお出かけ情報ブログ。ときどき欅坂46。

快晴の宗谷丘陵・宗谷岬・エサヌカ線からの・・マウントピンネを覚えているか?【2022-3日目後半】

calendar

reload

快晴の宗谷丘陵・宗谷岬・エサヌカ線からの・・マウントピンネを覚えているか?【2022-3日目後半】

2022.8.12(金)くもりのち快晴 北海道小樽→稚内→旭川【北海道ツーリング3日目後半】

えらく遠い地名の案内標識を当たり前のように目にできるとき、「ああ、北海道にいるんやなぁ」と思う。

網走まで300キロオーバー!300kmだったら全部キリが良かったのになぁ~(^ω^)。

スポンサーリンク

お盆はやっぱり大混雑!白い貝殻の道

いつものごとく、宗谷郵便局のところから白い貝殻の道へと入っていく。入ってすぐに混雑しているんだなとわかった。

砂塵(”殻塵”と言うべきなのか?)が舞っていて辺りが白く見えた。何度かここに来ているけれどこんなことは初めてだったのでびっくり。車もバイクも人もたくさんいる!

途切れた瞬間にパチリ!

ふぁぁ~٩( ‘ω’ )وとっても気持ちいいぞ~٩( ‘ω’ )و

ちょいちょい駐車スペース・すれ違いスペースのような場所はあるのだが、さっと写真だけ撮って退散。この日の路面状況はとっても良くて走りやすかった。そのまま宗谷丘陵の風車群方面へ。

雲の様子が一気に変わった。グッと空が低く見えた。何基も風車が立ち並ぶ壮大な景色。

ゆーっくりと優雅に回る風車の側を走ってみる。はぁ、ニヤけが止まらない(^ω^)。

日本最北端にバンバンズ到達٩( ‘ω’ )و

碑の前には案の定待機列できていたので、パッと撮影を済ませたのだが

白い貝殻の道を走って、バンバンのタイヤのパターンがくっきりはっきりしたのが何だかかわいらしくて。

ちょっとメイクをしたバンバンズ(^ω^)。

しかし、今まで白い貝殻の道を走ってもこんな風にはなったことなかった気がするのだが、今回どうしてだろう?タイヤが新しいからかなぁ?

2016年に撮影したバンバン

宗谷岬では、碑の前で撮影するよりもお土産屋さんにある標識ピンズのガチャガチャをどうしてもしたくて鼻息荒くして訪問。

宗谷岬の限定ピンズ、ちゃんとゲットできたぁぁぁ٩( ‘ω’ )و(もう満足)

日本最北端の自販機もパチリ。

そういや、沖縄の波照間島で日本最南端の自販機は撮影したことがあるのだけど

日本最西端日本最東端にもこうして記載されている自販機が存在するのだろうか?今まで気にもしたことがなかったのに急に気になってしまった。

日本最北端の給油所でもしっかりガソリンを補給して、お守りと証明書をゲット。いつも用意してくださって本当に感謝だ(^ω^)。

いよいよ宗谷岬から南下開始٩( ‘ω’ )و

道の駅さるふつでホタテのおにぎりをパクついたりエサヌカ線の通行証明書をゲットしたり

国道ピンズのガチャガチャがあるのでガチャってみたり。

しかし、猿払(さるふつ)の道の駅は、

  • 何かちょっと食べるものを買う
  • エサヌカ線のステッカーや通行証明書を買う
  • 国道ピンズのガチャガチャをする

という行動をしたのだが、全部建物が違っていた。どこに何があるのかもわからなくて、ちょっと動きにくかったなぁという印象だった。急いでいる方はお気をつけて(^ω^)。

そして、大好きなエサヌカ線٩( ‘ω’ )و

想像していたよりもだいぶ静かなエサヌカ線。

やっぱりくっきりはっきりなタイヤのパターンが好き(今だけ限定)。

思えば遠くに来たもんだ(^ω^)。

本当はさっさと走り出さないと到着が遅くなってしまうのに、のんきに写真を撮ったりできたのは2人だからだし、暗くなるころに走る道はR40の交通量が多いところだからという安心材料があったから。

ひさしぶりに浜頓別から中頓別方面・R275へ

オホーツク海を走ると、大体海沿いをひたすらに南下してしまうルートを選んでしまいがちなのだが、今日は最終目的地が旭川市ということもあり、ひさしぶりに中頓別(なかとんべつ)を通るルートを選択。

あのお店があった跡地はわかるだろうか。

ずっと気になっていたあの店の後。道の駅ピンネシリを通ったころ、あれ?あれ?この辺だったような・・?!

この辺りにはかつてドライブイン・マウントピンネというお店があったのだ。

りっちゃんという女性がひとりで切り盛りしてくれていた。旅人向けのライダー麺やチャリダー麺、さらに大盛りのチャリダー麺DXもあった。てんこもりの定食を出してくれていたのだ。

それだけじゃなくて、あれ食べろ、これ食べろとお菓子やらアイスを出してくれ、こんなんで儲けになるの?と心配になるくらいだった。

お土産まで持たせてくれて・・。手作りのお守りや、空のフィルムケースにコーヒーとか入れてくれていたっけ。

駐車場でジムニーが蛇に巻き付かれたのもいい思い出(^ω^)。

あの後割とすぐに店を閉じてしまったと耳にした。だから訪れたのは1回だけ。でも今でもりっちゃん、元気かなぁって思う。

あの頃旅していたときのことが色々よみがえってきて、胸がいっぱいになってしまった。あまりにもこのルートを走るのがひさしぶりになってしまったせいだ。たまには中頓別(なかとんべつ)を走るルートを選ぼう。そうしよう。

音威子府(おといねっぷ)の道の駅でトイレ休憩&防寒着としてカッパを着込んだら国道40号線をひたすら旭川方面へ南下。

ここから国道40号線に出ると、もう安心しかなかった。

朝からたくさん走って活動時間も長くなっている。インカムでむ。とおしゃべりしながら気を張って走った。

3泊お世話になる旭川駅近くの宿に到着

旭川に到着したころにはすっかり辺りは暗くなっていた。

ホテルの近くのカーレストさんというバイクごとエレベーターに乗れちゃう屋根付き駐輪場(パーキング)の登場で、最後の最後にテンション爆上がり٩( ‘ω’ )و。

こんな感じだった。わくわくが止まらなかった(^ω^)。

天気予報が悪く、大雨が降るかもしれないとも言っていたので、鉄壁の駐輪場を探していたときに偶然発見できたパーキング(詳しくは動画の概要欄を見て頂けたら)。

これから北海道ツーリング中にお天気が崩れそうな日が続くとかなら連泊地に旭川もアリだなぁと思った次第。

高カロリーのものを食べたくて駅近くを徘徊したが、既に営業時間が終了しているお店も多く居酒屋さん以外なかなか発見できずしょんぼりしていたところ、番番(ばんばん)だなんてお名前のラーメン屋さんに巡り合えたのは奇跡かもしれない(そしてまたテンション上がる、笑)。

ちょっとピリ辛のラーメンを頂けて満足(^ω^)。

さて、明日はどうするか?思ったほど道東もお天気が悪そうではなさそうだが・・?

ツーリングマップルと天気予報とじゃらんを見ながら考える。

  • 3日目黒バンバン走行距離:643.5キロ
  • 3日目緑バンバン走行距離:648.5キロ

今まで14年一緒に旅してきて、バンバンと一番いっしょに走った日になった(^ω^)。

ずっと仕事も忙しい、制限もある、友達にも家族にも気軽に会えない・・と言った、コロナのおかげでここ数年蓄積される一方の、でも誰に向けることもできない鬱憤。

好転したお天気の中、すばらしく綺麗な景色の中、夢中になって全力でバンバンと走れて少し発散できた気がした。

つづく。

さて、明日はどこを目指そうか(^ω^)。

※わたしが言うのもアレですが、鹿等の動物の飛び出しの危険性、例え国道でも路面状況があまりよくない、エリアによっては街灯もなく真っ暗な道が多い北海道なので、暗くなってからの走行はできれば控えた方がよいですし、走るにしてもいろいろ危険があることを念頭に置かれていた方がよいかなと思います(^ω^)。